“体内では、たまにアルデヒドという物質が作られてしまう事があります。アルデヒドができる原因は、紫外線なのです。

長期間に渡って肌に紫外線が当たり続けてしまうと、体の中で活性酸素ができてしまうのです。その酸素は体の随所を酸化させてしまいますから、注意が必要です。
また紫外線にあたる時間が長いと、上述のアルデヒドという物質も作られます。それが体の中のタンパク質と結び付いてしまい、毛穴が開いてしまう事もよくあるのです。

その有害なアルデヒドの生成量を減らす為にも、紫外線対策は必要なのです。それを聞くと、多くの女性の方々は日焼け止めのクリームを検討しています。確かにクリームを塗っておけば、ある程度は紫外線を防ぐ事は可能です。
しかし美肌を目指すなら、クリームを塗るのは考えものです。というのもクリームの中には、残念ながら良い成分だけが含まれている訳ではありません。クリームによっては、肌に有害な人工添加物も含まれているのです。美肌を妨げてしまう原因になりますから、日焼け止めクリームは控える方が良いでしょう。

それよりも、やはり紫外線に当たらないよう心がけるべきです。日差しが多い場所は、あまり行かない方が良いでしょう。日傘を使用するのも有効です。
ちなみに日焼け止めのサプリは有効です。そのサプリは通販でないと買う事はできませんが、クリームよりは安全度は高めになります。サプリを飲んだら、肌が白くなってきたという声も多いですし、試してみる価値はあます。”